スポンサーリンク

【最新版】Macで内部音声収録するならAudacityがおすすめ

Mac
スポンサーリンク

Audacitynのインストール方法

Audacityをインストールしていない方はまずMacにインストールする必要があります。

インストールと大まかな使用方法についてはこちらの記事をご参照ください。

仮想スピーカーBlackHoleのインストール方法

内部音声収録するためには仮想スピーカーをインストールする必要があります。

今回使用するのはBlackHoleというソフトです。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

Audacityで内部音声収録する

Audacityを立ち上げます。まずMac自身のスピーカーを「複数出力装置」に設定します。

Audacityの画面で左側のマイクを「BlackHole 2ch」を選択し、右側のスピーカーを「複数出力装置」を選択します。

あとは録音開始ボタンを押せば録音できます。裏でYouTubeや音楽を流すとそれを綺麗に録音することができます。

保存する時

録音した音源を保存する時は「ファイル」→「書き出し」→「MP3として書き出し」で保存することができます。

注意点としては、書き出せる種類がMP3、WAV、OGGのみとなっております。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました