スポンサーリンク

M1以降のMacには「Power Nap」の設定項目が無くなった?

Mac

Macにはスリープ中にアップデートやバックアップの作業を継続してやってくれる機能である「Power Nap」があります。

MacのPower Napとは

フラッシュメモリを搭載したMacコンピュータでは、Power Napによってスリープ中でもコンピュータを最新の状態に保つことができます。Macがスリープ状態になると、Power Napが定期的に起動して情報がアップデートされます。

Apple公式サイト

つい先日MacのTime Machine機能を使ってUSBメモリにバックアップを取りました。

バックアップの容量が100GBという大容量であったので合計20時間ぐらいかかると表示され、パソコンを付けっぱなしでやるわけにもいかないので、スリープ中にもバックアップはされるのか調べてみました。

結果としてはPower Napの機能でスリープ中もバックアップはされると分かりました。

そのために設定でPower Napをオンにする必要があると、調べた記事に書いてありました。

設定項目は「設定」→「バッテリー」→「バッテリーor電源アダプタ」に行けば、以下のような設定画面があるそうです。(これは私のMacBookの画面ではないです)

よし、私もPower Napをオンにしに行こう!と思って設定に行くと、以下の画像のようにPower Napの項目がなかったのです。

おかしいなぁと思って電源アダプタの方も見てみるとPower Napの項目がなかったです。

これではPower Napをオンにしてスリープ中にもバックアップを取れないじゃないか!と思って調べてみました。

どうやらM1 Mac以降は性能の進化によってPower Napは常にオンの状態で設定項目自体が無くなったようでした。

おそらくオンオフを切り替えずともバッテリーに悪影響はないということで、Power Napの機能は常にオンの状態でいいということなのでしょう。

私の目的であったバックアップですが、画面を閉じてスリープ中でもUSBメモリへのバックアップは取れていました。

なのでM1以降のMacをお持ちの方は「Power Napの設定項目が無くなった代わりに常時オンになっている」と覚えておけばOKです。

他にもMac関連の記事がありますので、宜しければご覧ください!

MacBookを使うならノートパソコンスタンドも使うと通気性が上がってパソコンへの熱負荷を軽減できておすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました