スポンサーリンク

ヤンジャンアプリで利用停止措置をくらった場合の解決法

ガジェット関連
スポンサーリンク

ヤングジャンプのアプリ「ヤンジャン!」にて、ある日スクショ禁止の利用規約に反して利用停止措置をくらってしまいました。

これはガチに利用停止され、漫画が一切見られなくなります

具体的に何回スクショしたらアウトという明確な数字はないようですが、3回以上行うといつ利用停止されてもおかしくないです。

というわけで、注意喚起も兼ねて利用停止措置をくらった場合の解決法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お問い合わせから謝罪メールを送る

先ほどの画像の「お問い合わせ」をクリックすると集英社へメールを送ることができます。

お問い合わせの画面を撮るのを忘れてしまったため、ここに載せられなくて申し訳ないのですが、そこへ名前とお問い合わせ内容とメールアドレスを入力して送ります。

お問い合わせ内容は「こちらの不注意でスクリーンショットを撮ってしまいました。誠に申し訳ございませんが、利用停止を解除していただくことはできますでしょうか」というような内容で送りました。

あくまで悪いのはこちらなので、素直に謝罪し、できる限り丁寧な文面でメールを送りましょう。私の文章と同じ内容にするとかなり不誠実になりますので、文章は自分で考えましょう。

メールを送ると以下のような自動応答メールがきます。

私の場合、メールを送った翌日に問い合わせへの返答が来て、利用停止を解除していただきました。これにてヤンジャンアプリは普通に使えるようになりました。もし返事が来ない場合はもう一度お問い合わせから送ってみましょう。

アンインストールしても無駄だった

アプリをアンインストールしてもう一度インストールすればいけるかも?と思って試してみましたがダメでした

おそらく端末番号もしくはIPアドレスか何かで自分のスマホを把握されているのだと思います。

変な悪あがきはやめて素直に謝罪しましょう。

まとめ:スクショはしない!

基本的にどの漫画アプリでも著作権によってスクショは禁止されています。

スクショしても警告が出ないアプリもありますが、警告が出ないだけで作権的にも利用規約的にもアウトです。

なので、スクショはせずに漫画は見て楽しみましょう。

もしスクショでアプリを利用停止されてしまった場合は誠心誠意謝罪の念を込めてお問い合わせからメールを送りましょう。

それでは良き漫画ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました