スポンサーリンク

M1 MacBook Air 2020年モデルを1年間使用してみた感想。メモリは8GBか16GBどっちがいい?

Mac

私が購入したM1 MacBook Airについて、かれこれ使用し始めて約1年が経過したのでその感想をまとめて行きたいと思います。

スポンサーリンク

私のM1 MacBook Airの仕様

2020年にM1 MacBook Airを購入しました。

スペックは以下です。

  • チップ:Apple M1
  • コアの総数:8(パフォーマンス:4、効率性:4)
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:512GB

カスタマイズしたのはメモリ16GBのみです。

結論

まず結論から言うと、素晴らしい性能でした。

なんと言っても動作が早い。噂に聞いていた通りですね。

私の行う作業はSafariでのブラウジング、YouTubeでの動画視聴、Office系ソフトの使用、ブログの執筆、簡単な画像編集や動画編集程度なので、このスペックでも十分でした。

一般的な使用用途で言うと、Safariでのページ表示がもの凄く早いですね。一瞬でページが表示されます。

職場のWindowsパソコンだと一瞬もたつくところですが、M1 MacBook Airなら本当に一瞬です。

簡単な画像編集や動画編集なら特に動作が遅く感じることはなく、快適に作業ができました。

M1 MacBook Airは高度な映像編集や画像編集、プログラム作成、高スペックが要求されるゲーム等ではなく、あくまで一般的な範疇の作業であれば非常に有用な機種だ思います。

M1 MacBook Airのメモリ16GBがおすすめ

YouTubeで「メモリ8GBでも全然問題なく使える!」的なレビュー動画が多く上げられていましたが、本当に一般的なかるーい作業をするだけならそれでいいんですが、ちょっと踏み込んだ作業をしようとするとメモリが足りなくなって動作が重くなるようです。

5年以上長く使い続けたいと思う場合は尚のこと16GBにしたほうがいいです。メモリ8GBでメモリ容量をオーバーした分はSSDを使用して一時的に凌ぐようですが、それでは結局のところ端末の寿命を短くしてしまうようです。

よほどのガジェット好きではない限りパソコンってそうそう買い替えないと思うので、5年以上は使うのを見越してメモリ16GBを買うべきだと私は思います。

◯メモリが8GBでも問題のない人

メモリ16GBの方がいいと散々言いましたが、以下に当てはまる方の場合は8GBで十分かと思います。

  • 4年以上同じ端末を使わない
  • 動画や画像の編集、アプリの開発、音楽関係の制作は全くやる予定がない
  • Macの中でWindows(仮想PC)を使う予定はない

これに当てはまる方は8GBで十分かと思います。

ちょっとWordで文章書いたりSafariでブラウジングする程度の使い方ならばメモリ16GBだとオーバースペックになりますし、お金がもったいないです。

↓この件に関してはこちらの方の動画を参考にさせていただきました。

詳しく解説してくれているので興味のある方はぜひ。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

なんだかんだ言いましたが、お金に余裕があるのならメモリは16GB一択かと思います(笑)。

メモリは多くて困ることはありませんので!

M1 MacBook Airの場合メモリ16GBにするのに22000円かかりますが、後々後悔しないためにも金銭的余裕がある場合は16GBをおすすめします。

迷っている方の参考にしていただければ幸いです。

ではでは!

よろしければ以下のボタンをポチッと押してくれると嬉しいです!


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました