スポンサーリンク

覚えておきたいMacの便利なショートカットキー

Mac
Windowsにはショートカットキーを使うといえば『Ctrl+ C』とか『Ctrl+ V』が定番ですよね。
Macにも同じようなショートカットキーがたくさんあります。
覚えておくと便利なのでこれを機に使ってみてください。

スポンサーリンク

Macの場合はCmdキーを使う

一応MacにもCtrlキーはあるのですが、Windowsと同じようなコピーや貼り付けを行うためのショートカットキーは『Cmdキー』になります。
使い方は同じで『Cmd+何か』を同時押しすると使うことができます。

メジャーなショートカットキー

誰しもが使うメジャーな動作といえば『コピー』『貼り付け』『切り取り』ですよね。
順番に見ていきましょう。
コピー  Cmd+C
貼り付け  Cmd+V
切り取り  Cmd+X
WindowsのCtrlの部分がCmdに変わっただけですね。簡単です。

知っておくと便利なショートカットキー

上では超メジャーなショートカットキーを紹介しましたが、次はもう少し踏み込んだ内容です。
しかし、知っているとものすごく便利です。

全選択  Cmd+A

これは画面上の文字列などを全部選択してくれるショートカットキーです。一気にコピぺしたい時に便利です。

項目の検索  Cmd+F

これは画面内やフォルダ内に探したい文字列があるかどうかを検索するショートカットキーです。

直前の動作を取り消し  Cmd+Z

例えば文字入力を間違えた時などにこのショートカットを使うと取り消すことができます。

最前面のウインドウを閉じる  Cmd+W

画面上の最前面のウインドウを閉じることができます。

アプリの終了  Cmd+Q

アクティブなアプリを終了させることができます。

新規タブを開く  Cmd+T

Safari等で新しいタブを開くことができます。

書類の保存  Cmd+S

Wordやpagesなど書類作成の時に保存することができます。

スクリーンショット関係のショートカット

スクリーンショットにもいくつかのショートカットキーがあり、状況に合わせて使うと便利です。

デスクトップ全体を撮影  Cmd+Shift+3

画面全体を撮影することができます。

選択範囲を撮影  Cmd+Shift+4

マウスで選択した範囲のみを撮影することができます。

スクリーンショットアプリ起動  Cmd+Shift+5

スクリーンショットアプリが立ち上がり、選択範囲のみ撮影したり、画面録画をしたりなどいろいろな動作を行うことができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
ショートカットにもいろいろあってなかなか覚えられませんが、使っていると徐々に覚えてきます。
ショートカットにはもっとたくさんの種類がありますが、一般的によく使うものは今回挙げた内容ぐらいではないかと思います。
もっと知りたい!という方はこちらのApple公式サイトをご覧ください。
ではでは!
↓Amazonおすすめ商品です!



よろしければ以下のボタンをポチッと押してくれると嬉しいです!


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました