スポンサーリンク

iPadはバッテリー最適化機能がついていない!?

iPad

昨今のApple製品は品質も向上し、長い期間使い続けることができます。

iPhoneMacではバッテリーの最適化機能が備わっており、バッテリーの過充電(充電のしすぎ)を防いでくれたりして、バッテリーの劣化を抑えてくれます。

そのような機能が標準で備わっているのでそれが当たり前に思っていたのですが、なんとiPadにはこの機能がなかったのです!

↓あわせて読みたい★


スポンサーリンク

iPadの充電しっぱなしはNG!

上でも述べたように、iPadにはiPhoneMacに備わっているバッテリー最適化機能が備わっておりません。

なので、例えば夜寝る前にコンセントに刺したまま朝まで充電しておくようなことをした場合、バッテリー充電が100%になってからもずっと充電され続け、過充電となってしまいます。

過充電を繰り返すとバッテリーの劣化を早め、バッテリーの寿命が短くなってしまいます

端的に言うと、バッテリーの持ちが悪くなってしまいます。

基本的に家で使う方は問題ないですが、よく外に持ち歩く方にとってはバッテリーの持ちが悪くなることは困りますよね。

iPadのバッテリーを長持ちさせるには

バッテリーは40%〜80%の間の状態を保つことが一番良いと言われています。

なので、バッテリーが減ってきたなぁと思ったら40%を切る前に充電し、80%になったら充電を止めるようにすればバッテリーにとっては良い充電方法です。

とはいえ、なかなかそこまで神経質に管理するのも疲れるかと思います。

これはあくまで私が取っている方法であり、明確な科学的根拠があるわけではありませんが、バッテリーを20%90%の間を維持するようにしています。

少なすぎず多すぎずって感じで幅も広いので、40%80%よりも少しゆとりが持てますよね。

2年ほど使っている iPad Proですが、今のところ目立ったバッテリーの劣化は感じておりませんので、ご参考にしていただければ幸いです。

iPadにはバッテリー最大容量を確認する術がない!?

iPhoneはバッテリーの最大容量を確認する方法はありますよね。

『設定』『バッテリー』『バッテリーの状態』に行ってもらうとそこで最大容量を確認することができます。

iPhoneではこんな感じ。

画像

ふと、同じようにiPadでも確認してみようと思って同じ手順を辿るとなんとバッテリー最大容量を記載したページはなかったのです!

iPhoneMacにはバッテリー最大容量の確認方法はあるのに何故iPadにはないのだ

iPadのバッテリー管理にはあまり力を注いでいないのでしょうか

ちなみに確認する方法はあるにはあるようで、正規のApple Storeや提携店に行けば確認してもらえるようです。

おわりに

iPadにはバッテリー最適化機能がないことには驚きましたよね。

iPadの充電管理は要注意です。

とはいえあまり神経質になりすぎるのも疲れるので、ほどほどでいいかと思うのと、バッテリーが劣化してきたら正規のお店でバッテリー交換してもらうのも一つの方法です。

快適なApple ライフを送りましょう!

ではでは!

おすすめ商品☆

よろしければ以下のボタンをポチッと押してくれると嬉しいです!


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました