【2021年版】iPhoneのバッテリー交換の目安と注意点

2021年9月23日木曜日

iPhone

この記事をシェアする
  • B!
 

iPhoneのバッテリー寿命はおよそ2年と言われておりますが、それは人それぞれ使い方によって変わってくるかと思います。


↓あわせて読みたい★


バッテリー最大容量確認方法

バッテリーの最大容量確認方法は「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」に行ってもらうと「最大容量」という項目があります。


このiPhoneのバッテリー最大容量は83%ね!

バッテリー交換の目安

前項目で確認したバッテリー最大容量が80%未満になったら交換した方がいいです。


理由としては、AppleCareに入っている場合に無料でバッテリー交換してもらえる基準だからです。


逆に言えばAppleCareに入っていても80%を下回らないと交換してもらえません。

なんだかケチくさいわね

私のiPhone Xはかれこれ4年使っているのですが、まだ83%なので交換できません(笑)。その前にAppleCareが切れてしまいそう…


ちなみにAppleCareに入っていない場合はバッテリー交換の費用は自分持ちになりますが、正規のAppleストアもしくは代理店に行けば80%以上の状態でも交換してもらえます


バッテリー交換の費用を比較

AppleCare適応ならば無料です。


正規店で有料で交換する場合

  • iPhoneX以降:約8000円
  • iPhone8以前:約6000円

非正規店で有料で交換する場合

  • iPhoneX以降:約5400円〜9000円
  • iPhone8以前:約2000円〜5000円


実は費用はちょっとだけ安いかあまり変わらないんです。

ちなみに最新機種はもう少し高いから要注意!

非正規店での交換は要注意!

非正規店でのバッテリー交換は正規店より安価で予約も不要な場合も多く、手っ取り早い印象です。


しかし、その分注意点もあります。

  • 今後正規店でのサポートが受けられなくなる可能性がある
  • Apple純正のバッテリーではない

この2点が特に要注意です。


AppleCareに入っている場合は以後受けられなくなってしまう可能性があります。


バッテリーに関して、純正の新しいものと交換してくれるのかと思いきや、よくわからない非純正のものでした。


非純正のバッテリーなのでiPhone本体との相性が悪い場合は故障の原因になったりするようです。


まぁ可能性としては低いけれどちょっと不安よね

安全安心を求める場合は正規店でのバッテリー交換をおすすめします。費用的にもそれが言えるかと思います。


なんでもいいから早くバッテリー交換したい!という方は多少のリスクを受け入れて非正規店での交換もありだと思います。


おわりに

いかがでしたでしょうか?


バッテリー交換も簡単なようで意外と簡単ではないところ。


80%切らないとAppleCareで保証してくれないのも辛いところですね。普通に使っているとなかなか80%を切らない(笑)。


まぁその分普段の使い方が問題ないということですね!


そして非正規店でのバッテリー交換は要注意です。


ではでは!

よろしければ以下のボタンをポチッと押してくれると嬉しいです!


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ポチッとお願いします!

Amazonおすすめ

このブログを検索

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真
はじめまして。社会人になってそこそこ年数が経ったMi-Miです。ブログは主に私が体験したことや学んだことを雑多に記事に書いております。誰かの役に立てればと思い、日々体験したことを書いていきたいと思っております。何かわからないことや聞きたいことがあれば、コメント欄やお問い合わせで気軽に聞いてくださいね。

QooQ